会社概要がデタラメな競馬情報会社が多いので、会社所在地は良く確認しましょう。

競馬情報会社を選ぶ際のポイント-見落としてはいけない落とし穴

MENU

会社概要の有無の重要性

皆さんは競馬情報会社を選ぶ際、会社概要を調べる方も多いと思います。

 

インターネット上で情報会社を運営している場合は、“特定商取引に基づく表記”という項目に会社概要が書かれています。
所在地、代表者名等々です。会社の定款みたいなものですね。
ちなみに私が勤めていた情報会社はネット上ではなかったので、パンフレットを作成して郵送しておりました。

 

さて、競馬情報会社の会社概要に関して、まず結論から言いますと、会社概要が出鱈目な会社が多いです。
私の会社もそうでした。
特に雑な印象を感じる情報会社は駄目ですね。なんとなく解るものです。
親切・丁寧に記載されている情報会社ほど信頼出来る可能性は高いのかなと思います。

 

例えば無料体験期間、返金プランなどお金第一主義という印象を感じないといった感じですね。

 

それでも、会社概要に関してはほとんど意味がない、あるいは疑ってかかった方が安全だと思います。
何故なら、いくら会社概要が詳細であったとしても、その情報会社の的中率とは何ら関係はない、解らないからです。
まず、客を安心させるだけの表面上のものに過ぎません。
“掴み”ですね。

 

私が勤務していた情報会社の場合、インターネット上での運営ではなかったので、パンフレットを作成しました。
それはまるで高級リゾートマンションの案内のごとき立派なパンフレットです。
会社概要も記載の上、DMで送付しておりました。(今なら無論、個人情報保護法違反ですが)
内容は「出鱈目」でした。
お金をかけてまで“立派なパンフレット”とした理由は、客を安心させる為だけです。

 

 

一般的に会社概要で出鱈目な、あるいは怪しいのは「会社所在地」です

会社所在地は実際に住所としては存在しても、そこには事務所だけとかマンションの一室とかで、実質的にはそこで会社を運営してない場合が多いと思います。

何故そうするのか?

まず、理由の第一は競馬情報会社として面倒な事は、「予想が当たらなかった場合の会員からのクレーム」を避ける為です。
場合によっては「怒鳴り込むぞ!!」的な事を電話で言ってきた事も多かったものです。
私が勤務していた会社の場合、会社概要に記載されていた会社所在地は出鱈目でした。
ですから、予想が不的中の場合、会員さんから電話でガンガン怒鳴られても、上からは巧く宥めろとの指示だけです。
会員さんは泣き寝入りするしかないという訳です。

 

理由の第二は、その筋の方を避ける為です。
実際のクレームもありましたが因縁の様な事を言ってきた事があります。
言葉の使い方といいますか、何か怖さを感じるから解ります。
それを避ける為ですね。

 

少しだけ話がそれますが、その筋の方が関係している競馬情報会社っていうのもあるんですよ。
かなり、大きなグループです。みなさんも一度は聞いた事がある競馬情報会社もあります。

 

で、会員を手っ取り早く集めようと名簿屋から競馬情報会社の会員名簿を買ったとしましょう。
もし、その名簿の元がその筋の方が関係している競馬情報会社だった場合、必ずと言って良い程、そのリストの中にその筋の方がおります。注意が必要です。

 

話が逸れましたが、結局、親切・丁寧に記載されている情報会社で、良心的といいますか、
例えば無料体験期間、返金プランなどお金ありきの印象を感じない情報会社であればいいのかなという感じです。

 

再度、繰り返しますが、会社所在地に関しては良く確認された方がいいと思います。
まあ、会社がそこに存在していても、それで安心とは限らないですけど。