会社概要、有名人の広告塔、極秘情報提供の謳い文句等から、胡散臭さを嗅ぎ取る事です。

競馬情報会社を選ぶ際のポイント-見落としてはいけない落とし穴

MENU

的中情報の捏造を見抜く

数ある競馬情報会社の宣伝文句の中に高額配当的中情報の広告があります。
3連単の高額的中がズラリと明記されていたりします。

 

しかしながら、結論から先に言ってしまえば高額配当の的中情報等の大半がインチキです。

 

ある意味、慣れている情報会社ですと低い配当をも織り交ぜて、いかにも真実味を与える形にしています。
スポーツ新聞等に高額配当の的中情報等を掲載する場合、検閲みたいなものもあるのですがこれらもある意味で捏造出来てしまいます。

 

競馬にあまり興味関心のない方であれば客観的に判断出来るのでしょうが、競馬にある程度以上、興味関心を持っている人の中には
本当に信じ込んでしまう人もいるようです。

 

私が競馬情報会社に勤めていた経験があるから余計に思うのですが、
仮に“頭脳集団的”な情報会社でも高額配当なんていうのはバシバシと当たらないです。
私が勤めていた情報会社でも競馬に詳しい、馬券が巧い人間はいましたが、高額配当がバシバシ当たったなんて事はありません。

 

 

それらがまかり通っている現状の競馬情報会社のインチキな的中情報とは何なのか?

そもそも、「競馬情報会社に入会する人は病的な程、情報会社に入り続ける」という傾向があります。
情報会社に入ってないと馬券が買えないという、ある意味では「ギャンブル依存症」、「競馬情報会社依存症」みたいな人です。
非常に少ないとは思うのですが、確実に存在する人です。

 

この人達は的中情報の捏造など考える暇がありません。飛びついてしまいます。
悪徳な情報会社ではこれらの人のリストを使って、グループ内でいくつも情報会社を作って、たらいまわしにしている様です。

 

競馬情報会社の側からすれば、「情報会社は長くは続かない」という部分を前提として考えているフシがあります。
非常に小さい市場のパイながらも、元手の資金もさほどかからない上、会員料は高額を取れます。
たとえ、少額であったとしても塵も積もれば山ですから。

 

ですから、短期間で会員さんを集める為に、まずは“掴み”の部分をことさらに強調した結果、高額配当の的中情報というのがあるのです。私の経験からはこんな形で経営している情報会社が大半です。

 

こうした大半の情報会社が行っている的中情報の捏造を見抜く為には、
「情報会社全体の形を見る」事が重要だと思います。

 

とにかく、会社概要有名人の広告塔、今なら無料情報提供といった類の謳い文句等から、胡散臭さをと嗅ぎ取る事です。

 

派手な広告を謳っている情報会社は、それがたとえ競馬情報会社でなくても、
人を見る上においても駄目だと言えるのではないでしょうか?