“無料情報”は、競馬情報会社が競馬ファンを入会させる為の謳い文句に過ぎません。

競馬情報会社を選ぶ際のポイント-見落としてはいけない落とし穴

MENU

無料情報の有無について

「競馬関係者、元騎手、元調教師監修。極秘情報教えます。今なら無料で限定公開」

 

競馬情報会社に入会を検討する競馬ファンが、色々と情報会社を比較検討する上で、よく見かける宣伝文句です。
競馬を楽しまれている競馬ファンにとって、一番は「馬券を当てたい!!」という事ですから、その上、極秘で誰も知りえない競馬情報が本当に無料で受け取れるのであればこれほど嬉しい事はないでしょうね。

 

しかし、この「極秘情報等の無料提供」。
極秘情報は存在しない上、無料で提供なんていう事はあり得ません。

 

競馬情報会社が会員さんを入会させる為の“掴み”です。
極秘情報、無料提供も一応、情報を提供するかもしれませんが、極秘情報自体が存在しませんし、
たとえば無料で提供されたとしても、いい加減で根拠のない情報、買い目に過ぎません。

 

それで的中しないと、「いや、実は特別な別のコースがあります」といった類の詐欺師の様な売り込みがある筈です。
ですから、入会時は「無料!!」と謳っておいて、結果的には当たらない情報を高額で買わされるハメになります。
競馬ファンの弱みを巧みについた心理操作です。言うなれば“弱い者イジメ”です。
繰り返しますが、“無料情報”というのは、競馬情報会社が競馬ファンを入会させる為の掴みの謳い文句に過ぎません。

 

私が以前、勤務していた競馬情報会社でも無料は謳っていませんでしたが、
一般コースである程度期間が経つとVIPコースに移行させる様に上から指示されました。

 

VIPコースは料金が高額で馬券の購入額も情報会社から高く指定されてしまう為に、購入額が高額である為に当たった場合は払戻金も高額になるだけだったので、内心、会員さんに勧めるのは躊躇しました。

 

私の場合は、担当する会員さんと独自に電話で話をして、コミュニケーションをとって、私独自の予想を担当していた会員さんに伝えました。それなりに的中はしておりました。
的中すれば私も嬉しかったですし、会員さんがお礼の電話をくれたり、中には「お礼の品を送るよ」などと言われた事もありました。
でも、会社の所在地が出鱈目だったのでそれは出来ませんでしたけど。(詳しくは会社概要の有無ページをご覧下さい。)

 

競馬情報会社というのは、サービス業のカテゴリーに入ると思うのですよ。
サービス業である以上はお客様本位であるべきであって、無料情報を提供するのは構いませんが、結果的にお金を騙し取る様な大半の情報会社のあり方には競馬を愛する一競馬ファンでもある私にとっては怒りすら覚えます。