競馬情報会社の住所を補助ワードでレンタルオフィスと入力して、ネット検索してみましょう。

競馬情報会社を選ぶ際のポイント-見落としてはいけない落とし穴

MENU

レンタルオフィス

 

競馬情報会社を選ぶ際に、その会社の所在地を確認する事はとても重要です。

悪徳業者は住所を伏せて、いざという時にクレームを回避したり、一定の売上が上がったらサービスを終了して、名称変更して同じ事を繰り返します。

住所をしっかり明記してある事は大切ですが、さらに注意しなければいけない事があります。
それは、実態があるしっかりしたオフィスで運営しているかです。

 

レンタルオフィスやバーチャルオフィス

 

レンタルオフィスの画像

悪徳業者がよく使う手法で、住所は番地まで公開していても、そこがレンタルオフィスバーチャルオフィスになっている場合があります。

 

レンタルオフィスとはその名の通り、オフィスをレンタルするサービスです。
通常の賃貸と違う点は、一つのオフィスを間借りして、複数の業者で共同使用しています。
バーチャルオフィスは、根本的に住所や電話番号だけを形だけ借りて、郵送物の受け取りだけを行うオフィスです。

 

悪徳競馬情報会社は、家賃や初期費用が安い、レンタルオフィスやバーチャルオフィスを会社所在地にして、実際は違うオフィスで運営している場合もあります。
しっかりしたオフィスがなければ、住所を非公開しているのと同じで、何かあればすぐに業者が逃げてしまうリスクがあります。
詐欺目的で作られた悪徳業者はほぼ100%の割合でレンタルオフィスやバーチャルオフィスを使用しています。

 

本来はレンタルオフィスやバーチャルオフィスなどは、資金力が無い起業家にはありがたいサービスなのですが、本当に儲かる予想を入手できるような優良業者は資金力や事業の継続性があるので、小規模業者が活用するような物件ではなく、しっかりした自社オフィスを持っているものです。

 

 

レンタルオフィスやバーチャルオフィスの見分け方

 

気になる競馬情報会社を見つけたら、まずは会社概要をチェックします。
会社所在地の住所が明記されていた場合、その住所をコピーして、さらに補助ワードで「レンタルオフィス」などと入力してネット検索してみましょう。

 

ほかにも、競馬情報会社のサービス名称にレンタルオフィスなどの補助ワードを付けて検索する方法もあります。
レンタルオフィスだった場合、その物件の情報やレンタルオフィスの情報が出てきます。
このひと手間を加えるだけで、悪質競馬情報会社にひっかかるリスクが大幅に軽減されます。