金銭感覚が麻痺していたり、冷静さを失っていると、競馬情報会社の比較を怠ってしまいます。

競馬情報会社を選ぶ際のポイント-見落としてはいけない落とし穴

MENU

競馬情報による詐欺実例①

 

弱みにつけこまれて初歩的な詐欺に騙されたSさん(37歳)の体験談

 

競馬は職場の同僚に誘われて、最初は軽い週末の気分転換のつもりで始めました。
しかし、お金が絡むと気持ちが熱くなってしまうもので、当初は1~2万円くらい負ける事は覚悟をしていた損失でも、競馬場にいくと次のレースで取り返そうという気持ちになってしまいます。
その結果、1日1~2万円ほどの予算で楽しんでいた競馬も気づけば1日で10万円以上使うようになって、1年経過した頃には貯金300万円がほとんど底を付く状況でした。
これまで長年かけて積み上げてきた貯金が短期間で価値がないハズレ馬券に変わってしまったのは、大きな精神的ダメージになりました。

 

詐欺画像

このように精神的に弱っている時に競馬情報会社の広告を見ると、「数十万馬券的中」、「誰でも簡単に儲けられる」、「負け組からの脱却」このような、ありきたりの広告に心が揺れてしまうものです。
とりあえず会員登録は無料だからと登録をしてみると、頻繁に的中実績が届くようになります。
冷静に考えれば、後出しの成果報告だと気付くものですが、大きな損失を出して精神的に弱っていた当時の私は、10万馬券を千円買えば一発で今までの損失を取り戻せると安易に考えてしまうものです。
その結果、5万円の情報料を出して有料情報を購入してしまいました。
以前は毎週土日に10万円ずつ負ける事があった私は、すでに金銭感覚が麻痺していたのかもしれません。
また冷静さを失っていると、しっかり競馬情報会社の比較をする行為を怠り、とりあえず無料登録した会社が一番良い会社だと理由もなく決め付けて判断していたのも反省点です。

 

当然、簡単に3連単予想が当たる訳でもなく、結果はハズレ
もう辞めようと思っていた矢先に、もっと上級の10万円の予想コースは50万馬券を的中したというメルマガが届きました。

 

さすがに10万円は・・・とその時は躊躇いましたが、その翌週も10万円コースは的中、その次の週は的中報告がなかったですが、さらにその翌週になって、10万円の予想プランが半額で利用できるキャンペーンが開催されました。

 

先週ハズレだったので確率的にも次は当たる可能性が高いと思い込んだ事や、5万円なら払えると思い込んでしまいました。
このように興味が湧くと頭の中は、的中した時の妄想でいっぱいになって、気付けば銀行振込でポイントを購入してしまいました。
しかし、結果はカスリもしない大外れ。その結果、僅かに残っていた貯金や直近の給料が完全に底をついてしまいました。

 

ヤケクソになって文句を言おうとしたら、電話は一切繋がりません。2ヶ月後に見たら既にそのサイトは閉鎖されていました。
後から思い返せば初歩的な手法だと思いますが、競馬で損失を出して弱っていると自分でも驚くくらい簡単に騙されてしまいます。